介護予防・日常生活支援総合事業の内容は

category01

介護のニーズは、ますます高まり平成12年から施行されて以来その介護給付の費用は増大しています。

介護の施設の増設やサービスの向上も必要視されますがその介護に掛かる費用の増大を抑制することも急務になっています。

そこで想定されたのが、本格的な介護を受ける前にできる限り費用を抑制するために要介護の状況に陥る手前で予防して生活ができ、また介護利用者の希望である自宅で介護を受けて終の住み家にしたいとの要望から介護予防・日常生活支援総合事業というものが平成27年からできました。

魅力の高いエキサイトニュースのお役立ち情報はこちらのサイトです。

これは従来の要支援の介護サービスから移行したものも含みますが、それ以上に自宅での日常生活の補完として機能させるものです。この介護予防・日常生活支援総合事業では、認知症対策として自宅へ訪問することでの見守り支援も強化されています。
またそれ以外に高齢者になるどうしても日常の食事がおろそかになるために食事の宅配サービスもあり、その宅配サービスを通じて在宅での高齢者の安否をケアするシステムもあります。そして本格的な介護を受けるに至る前に介護予防としてリハビリテーションを行って基本的な機能の向上に向けた事業もあります。



この介護予防・日常生活支援総合事業を通じて、健康寿命を延ばして寝たきりにならず、人生の終活できるような事業内容にもなっています。


この制度は国の介護サービス給費の削減と最後は自宅で手のかからない死を迎えたいと両方のニーズを満たしたものであると言えます。

今、注目の介護保険の請求書ソフトに関する疑問を解消してください。

情報分析

category02

まだ介護をあまり必要としない「要支援者」ですが、何も対策をしていないと悪化、「要介護者」となってしまう恐れがあります。そこで市町村では「要支援者」を対象に「介護予防・日常生活支援総合事業」を展開するようになりました。...

subpage

これからの介護

category02

超高齢社会の日本は高齢者の人口が年々増え続けています。ホームヘルパーやデイサービス等様々なサービスを利用する方も同じように増えていますが、いざ利用したいと思った時にどのように手続きを行いサービスを利用するのかという事を知らないという方は多いと思います。...

subpage

介護の重要知識

category03

介護を取り巻く環境では、支える側のスタッフが運営や見守りを強化させていく部分が大事になってきます。すべてを把握できるシステムを用意するなど、ケアマネージャーの将来性をきちんと確認する方針が重要です。...

subpage

身に付けよう

category04

現在の日本は医療水準の高さや衛生的な環境等から男女共に平均寿命がとても高い国となっています。とても喜ばしい事ですが、それに少子化等様々な原因が合わさり全人口あたりの高齢者人口が諸外国と比較してもとても高い超高齢社会となっています。...

subpage