介護予防・日常生活支援総合事業とは

まだ介護をあまり必要としない「要支援者」ですが、何も対策をしていないと悪化、「要介護者」となってしまう恐れがあります。そこで市町村では「要支援者」を対象に「介護予防・日常生活支援総合事業」を展開するようになりました。



「介護予防・日常生活支援総合事業」の内容は、大きく4つに分かれます。1つ目は「訪問事業」です。

日本経済新聞の情報が必要な方必見です。

まだ介護をあまり必要としない要支援者ですが、それでも日常生活において不便な点はあります。


そこで要支援者のお宅に事業者が訪問、掃除や洗濯といった日常生活上必要とされる支援を行っていきます。
2つ目は「通所型サービス」です。
これは日中施設に通い、身体機能が低下しないように機能訓練を行ったり、孤立しないように集いの場を提供したりします。誰かと接する機会が設けられることで生活も活性化され、脳の回転も良くなります。
また、無理せず体の機能の悪化を防ぐこともできます。


3つ目は「その他の生活支援サービス」です。

これは例えば配食サービスや、見回り事業などが挙げられます。

配食サービスは栄養の偏りを防ぐ効果があります。
そして定期的に家に誰か来ることで、体調変化や異変に早期に気づくことができます。


4つ目は「介護予防ケアマネジメント」です。
現在介護予防サービスは数多くありますが、補助や利用回数に限度があります。
そこで専門家が当事者に合ったサービスを選択、ケアプランを作成します。



そしてケアプランに沿ったサービスを提供することで、利用回数の超過や当事者に合わないサービス提供を防ぎます。
このように「介護予防・日常生活支援総合事業」では要支援者が孤立したり、機能が低下したりしないよう様々なサービス提供を行っています。